身内だけの葬儀|家族葬は故人のためでもある

故人と家族にやさしい葬儀

数珠

故人の希望を優先し、形式にこだわらず家族だけで静かに故人を偲びたいという希望に合致する葬儀が家族葬です。費用も安くて済みますし、これから生きていく家族にとって、家族の絆を強くし、故人亡き後も生きる勇気を得る葬儀といえます。

Read

故人の意向に沿いましょう

フラワー

亡くなってから慌てて葬儀会社を探すより、事前に葬儀着者に目星をつけておくほうが安心です。特に横浜は人口に対して火葬場が少ないため、予め費用を支払い万が一に供えておくと良いでしょう。

Read

形状が変化してきました

墓

東京は人口の過密化などにともなって、お墓も飽和状態にあります。このため新たな墓地の建設は難しく、新しいスタイルのお墓が登場しています。省スペースに多くの納骨ができ、番号などを伝えることで自身のお墓を目の前に出してくれるなど画期的なシステムが人気です。清掃が不要であり通常と変わらないお参りができます。

Read

身内だけの葬式とは

葬式

お別れ会などを開く場合も

最近は八尾市では新聞のおくやみ欄に故人の名前を載せる家族が少なくなっています。また葬儀も家族や親族や親しい知人だけで行う家族葬が増えてきています。これは高齢者の場合、会社関係などの参列が少なくごく自然に内輪だけの家族葬になることも関係しています。また大げさな葬儀を避ける風潮も広がっていることも原因です。また八尾市では家族葬の後あらためて友人や知人、会社関係の人などが参列する偲ぶ会やお別れ会などが開かれることもあります。葬儀の後近所や知人などに家族葬を行ったことを知らせる場合もあります。家族葬は葬儀だけを行い告別式は行われないことがほとんどです。また通夜も行わない場合もあります。通夜も葬儀も行わず火葬のみを行う場合は火葬式と呼ばれます。

費用を軽減できる

一般の葬儀の形は仏教やキリスト教など宗教によって違ってきます。しかし家族葬では宗教にとらわれず家族だけでシンプルに見送るという形で行われる場合も増えています。また八尾市では僧侶を招いて家族葬をしても初七日や49日の法要などは省略する場合もあります。家族葬をする場合八尾市の葬儀会社では様々なプランを用意しています。家族葬用の小さな斎場や祭壇などが準備され遺体の搬送や火葬場の手配などもしてくれます。家族葬の大きな利点の一つは通常の葬儀より費用を軽減することができることです。葬儀には高額な費用がかかることがほとんどです。葬儀費用は家族にとって重い負担になることが多いのです。また通常の葬儀のように多くの人の応対をせずに済むことも家族の負担を減らすことができます。